秋採用について書いています

秋採用を活用する事でその後が楽しいのです

秋採用を活用する事でその後が楽しいのです

就職活動における秋採用とその準備について

スケジュール後ろ倒しの余波で、企業側も学生側も戸惑う人が続出している今年の就職活動。

少子化による学生の減少と団塊世代の大量退職による労働人口の減少により、国内企業の採用活動は熾烈を極めており、企業側は内定辞退も見越した上での「内定」を出しやすい状況にあるようです。

一方学生側も、世の中の動きが速く将来を見通しにくいこと、内定が取りやすく、早期に複数企業から内定を得て、実際にどの企業に就職するか決め切れずにいる様子がうかがえます。

また、早い時期に本命以外の企業から内定を得たせいで、本命の受験時に本腰が入らず、今になってから焦っている学生も多いのではないでしょうか。

そんな時に是非「秋採用」を活用してはいかがでしょうか。

一旦、初心に戻り「自分は一体何をして生きていきたいのか」「生活の大部分である労働時間を何に費やして生きていきたいのか」を再度考えてみるのです。

秋採用に向けては準備も大切です。

「多くの学生が早期に就職活動を打ち切る中、なぜ就職活動を続けているのか。

」「すでに内定をもらっている企業はどうするのか。

」秋に面接をする企業は、既に自社に入社すると見込んでいた学生からの内定辞退を経験し、その学生に内定を出したら本当に自社に就職するのかを早いタイミングで実施した採用試験以上にシビアな目で見ています。

「何となく納得がいかず・・」などの考えで受験しても見透かされてしまいます。

早期の採用試験を受験する中で気がついたことや多くの社会人と実際に真剣に話す中で醸成された「職業観」などについて論理的に話ができるよう、予め準備しておくと良いでしょう。

秋採用を準備するタイミングについて